京都脊椎脊髄
なんでもクリニック

spine-clinic.jp

京都脊椎脊髄なんでもクリニック

脊椎の病気について

頚椎の疾患

頚椎症性脊髄症

脳からの重要な指令を伝達する脊髄神経が頚の骨の中を走っています。この神経組織が、何らかの原因で強く圧迫されたり、頚の骨の不安定性が続いたりすると神経の障害が発生します。
手がしびれて、お箸を使う、字を書く、ボタンを掛けることなどが困難になったり、足がつっぱって歩きにくくなったり、尿の回数が多くなったり、すぐに出にくくなったりなどの症状が発生します。
脊髄症は、自然経過での改善はあまり期待できません。脊髄は一度傷んでしまうと改善しにくい性質があり、脊髄症が原因で運動障害が出ているような場合は、できるだけ早期に治療を始める必要があります。
 
詳しくはこちら

頚椎椎間板ヘルニア

 
頚椎の椎間板が後方に突出して、脊髄または神経根を圧迫して脊髄麻痺あるいは神経根症を発生します。
手術用顕微鏡視下に前方除圧固定術を行います。早期離床を図るために、金属プレートを用いることもあります。 
 

後縦靱帯骨化症

(こうじゅうじんたいこっかしょう)

 
椎骨と脊髄の間にあり頸椎を補強している靭帯組織のうち後縦靱帯が骨化して厚くなり、脊髄を圧迫する病気です。首の痛みだけでなく、進行すると手足のしびれなども現れてきます。骨化した靭帯は、脊柱管(せきちゅうかん)内で脊髄を徐々に圧迫し、麻痺症状を引き起こします。
主な症状は脊髄圧迫症状で、手足のしびれや痛み、手の細かい動作がやりにくいなどの症状が現れます。また、足が突っ張って歩きにくい、さらに頻尿や失禁、便秘などが現れることもあります。こういった脊髄症状は、徐々に悪化する場合がほとんどですが、転倒などの軽い外傷などがきっかけとなって、急激に悪化することもあります。
 

頚椎に関するリンク

頚椎症性脊髄症
低侵襲頚椎椎弓形成術の特徴
頚椎椎弓形成術の術前後の流れ
top page 

胸腰椎の疾患

胸椎・腰椎圧迫骨折

脊椎での圧迫骨折は、椎骨の椎体と呼ばれる部分が押しつぶされます。骨折する場所で多いのは、第11胸椎から第2腰椎です。圧迫骨折の原因でもっとも多いのが、高齢者の骨粗鬆症(こつそしょうしょう)です。骨粗鬆症が進むと、しりもちをついた程度で骨折することがあります。特に高齢の女性は注意が必要です。若年者でも事故や腫瘍などが原因で胸椎圧迫骨折が起こることがありますが、それほど多くはありません。
骨粗鬆症が原因となる胸椎圧迫骨折の症状は、痛みが背部や腰部に発生します。骨折した椎体の破片が脊柱管内に入り込み神経を圧迫すると、下肢のしびれや痛み、麻痺などの症状が現れます。圧迫骨折は予防が重要です。若いうちから骨粗鬆症にならないための食事と運動、年をとったら転倒などしないような注意が必要です。
 

黄色靭帯骨化症

(おうしょくじんたいこっかしょう)

黄色靭帯は、脊髄の後ろにある椎弓と呼ばれる部分を上下につないでいる靭帯です。名前のとおり黄色い色をしています。黄色靭帯骨化症はこの黄色靭帯が骨化して脊柱管内の脊髄を圧迫して症状が現れます。発生する原因はよくわかっていません。胸椎の下位に発生することが多く、後縦靭帯骨化(こうじゅうじんたいこっか)を伴う場合もあります。下肢の脱力感やしびれ、痛みなどがあり、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と同様の症状が現れます。症状が軽い場合は、消炎鎮痛剤などで保存療法が行われますが、転倒などでも脊髄を損傷しやすい状況になっていますので注意が必要です。神経症状が強い場合は手術が必要です。
 

腰痛症

腰痛ガイドラインに基づいた診療の基本方針
非特異的腰痛
腰痛のほとんどは、いわゆるぎっくり腰(急性腰痛症)や原因のはっきりしない非特異的腰痛の範囲に入ります。X線画像、MRIなどで骨や椎間板に変化が認められても多くは加齢に伴うものであり直接症状と関与しないものです。これらの変化を腰痛症状と結びつけて説明してしまうと多くの患者はショックを受けてしまい病的意識が知らず知らずのうちに精神的に刷り込まれてしまうことになります。
患者本人も腰痛症状が検査によって目に見える形で提示説明されると妙に信じ込んでしまいがちですが、MRIやX線画像などの検査で見つかる異常と腰痛の関係ははっきりと証明されているわけではありませんし、診断には限界があります。
詳しくはこちら
 

腰椎椎間板ヘルニア

(ようついついかんばんヘルニア)

腰の骨と骨の間にある椎間板というクッションが痛んで、その内容物(ヘルニア髄核)が脊柱管内の方へ飛び出すことで、神経を圧迫し、神経痛(座骨神経痛)や、下肢のしびれ、脱力をきたすものです。
 
 あなたの痛みはあなたにしか分からない。痛みが強いから、すぐに手術で治そうと思うことは、早合点?楽に治る方法があるなら、(民間療法でも)なんでいいからすがりたい?今しか出来ないことがあるのに、こんなことで、人生を無駄にしたくない!いろいろな気持ちが交錯するなかで、決断するのはあなた自信なのです。
 
詳しくはこちら

腰部脊柱管狭窄症

(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

腰が痛くて歩きにくい、歩くと足が痛くなったり、しびれたり、突っ張ってきたりする。
 
脊椎疾患でも、もっとも多い疾患であり、手術や治療の方法も多岐にわたります。
人生をよりよく生きたいと思うのか、現状に妥協し、障害、症状を受け入れ、人生の最後の時を静かに待つのか。そこには、人生の選択があります。わたしたちは、患者様の意欲、生き抜く気持ちを大切にし、ともに戦うべく、日々修練に励んでいます。
 
詳しくはこちら

腰椎分離すべり症
腰椎変性すべり症

腰椎すべり症は推骨が前方にずれた状態で、腰椎分離すべり症と腰椎変性すべり症があります。腰椎の椎間板のついている前方部分は椎体(ついたい)、後方の椎間関節のついている部分は椎弓(ついきゅう)と呼ばれます。椎体と椎弓の間には椎弓根(ついきゅうこん)があります。椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」と呼びます。すべり症は脊椎同士がずれた状態を指しますが、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを「変性すべり症」と呼びます。
すべり症は、腰痛が主な症状ですが,坐骨神経痛や間欠性跛行の症状が現われることがあります。腰部や殿部が重苦しい・だるいような痛みで,痛みは激しい運動や作業後に現われますが、安静にしていると軽減することが多いようです。
 

変性後側彎症

側彎症は、正面あるいは背面から見たとき、背骨が左右に曲がっている病気です。椎間板ヘルニアなどによる坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)や、脚の長さが左右で異なることが原因で起こる「機能性側弯症」と、背骨自体に原因のある「構築性側弯症」の2つに大きく分類されます。「構築性側弯症」に含まれる変性側弯症は、椎間板の変性などの加齢変化に伴い起こってくるもので、高齢者に起こりやすい症状です。

当クリニックで専門的に対応可能な病気

  • 腰椎疾患
    • 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、腰椎分離症、腰椎分離すべり症、腰椎椎間孔狭窄、腰椎固定術後隣接椎間障害、再発性腰椎椎間板ヘルニア、腰椎固定術後腰痛(医原性術後腰痛、flat back syndrome)
  • 頚椎疾患
    • 頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靭帯骨化症、頚椎変性すべり症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、首下がり、頚部脊柱管狭窄症、頚椎硬膜内髄外腫瘍、頚椎砂時計種、環軸椎亜脱臼
  • 胸椎疾患
    • 胸髄症、胸椎黄色靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症
  • 脊柱変形疾患
    • 特発性脊柱側彎症、成人脊柱変形(脊柱後弯症、脊柱後側弯症)
  • 脊椎外傷
    • 破裂骨折、圧迫骨折、脱臼骨折、歯突起骨折
  • 感染性脊椎炎
    • 化膿性脊椎炎
  • その他
    • 骨粗鬆症性脊椎骨折、透析脊椎症、破壊性脊椎骨関節症、転移性脊椎腫瘍、脊髄腫瘍(硬膜内髄外腫瘍:髄膜種、神経鞘腫)、リウマチ脊椎症