椎間板内酵素注入療法かレーザー治療 (PLDD) か

新しい腰椎椎間板ヘルニアの治療として、椎間板内酵素注入療法が国の認可を受け本年8月から可能となっています。

椎間板内に薬剤「商品名:ヘルニコア」を注入すると有効成分のコンドリアーゼが椎間板内髄核の保水成分を分解し椎間板内圧を減少させます。結果として神経への圧迫が改善し、痛みや痺れなどの症状が軽減すると考えられています。椎間板内減圧により治療効果得るものとしては、以前から行われているレーザー治療(PLDD)があります。治療の選択肢が増えたわけですが、どちらの治療が優れているかは現時点でははっきりとしていません。

ヘルニコア治療の利点は下記のようになります。

  • 局所麻酔での治療が可能
  • 傷跡が残らない注射による治療
  • レーザー治療(PLDD)のような熱による凝固蒸散で椎間板組織を急激に破壊しない
  • 健康保険を使用しての治療でありレーザー治療より治療費がかからない*
  • 治療の適応はレーザー治療とほぼ同様。効果に関しては現時点では不明であるがほぼ同様と思われる。

  *参考治療費用 レーザー治療(PLDD) 自費診療でおおよそ40~50万円

これから症例の蓄積が行われはっきりとするでしょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です