診療報酬改定2016 湿布処方の制限 一度に70枚まで

湿布の処方枚数が制限されます!

厚労省は今回の診療報酬改定(診療や治療にかかる費用の改定)で一回の受診で処方出来る湿布の枚数を70枚までに制限することを取り決めました。

1日2回貼り替えの湿布薬では

両膝と腰、首に症状のある患者さんで1日の湿布必要枚数を考えると、両膝で二枚✖️2回、腰には二枚貼ると、同じく二枚✖️2回、首には一枚貼付で我慢していただくとして一枚✖️2回で合計10枚が必要となります。処方制限が70枚なので一週間で使い切ることになります。

腰痛だけの患者さんの場合には、1日4枚が必要とすると、約17日分の処方になります。

慢性化した腰痛患者さんには1〜2カ月おきに通院としたいところですが、これからはマメに通院していただくか、不足分は自費で湿布を購入していただかなければなりません。

実は国(厚労省)は、この不足分を保険外(自費で購入)とするか、我慢してもらうことで医療にかかる費用を年間30億円程度削減しようと目論んでいます。

おそらく今後は治療に有効性の示されていないビタミン剤なども保険外診療となることでしょう。

外来診療で患者さんに、湿布の処方制限について説明する日々が新春から始まります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です