京都脊椎脊髄なんでもクリニックは京都の脊椎外科医の作る情報発信サイトです。脊椎、脊髄疾患(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症、側弯症、脊柱靭帯骨化症、脊椎圧迫骨折など)の最新の正しい治療情報を発信しています。また、京都第一赤十字病院 脊椎専門外来(脊椎センター)の受診案内、治療案内、および京都脊椎脊髄なんでもクリニック医療相談(セカンドオピニオン専門)の案内も行っています。

首肩腕の痛みやしびれなどを感じていても「下手に手術をすると手足が麻痺して寝たきりになるかもしれない」という不安から手術を受けずに苦しんでいる方がたくさんいらっしゃいます。
しかし本手術は、日本で開発され世界に発信されてきた我が国独自の伝統的(お家芸的)な椎弓形成術の技術を伝承し発展させてきたものです。いわば日本人の繊細な治療技術の集大成がここにあります。治療に対する不安は、私たちとじっくりお話をすれば解消されると信じています。
皮切範囲は5㎝程度で手術時間も従来の手術より短いため低侵襲(身体に負担の少ない)で安全な手術です。

HOME > 疾患と治療法 > 頚椎の病気 > 頚椎の病気

 頚椎の疾患

頚椎症性脊髄症

脳からの重要な指令を伝達する脊髄神経が頚の骨の中を走っています。この神経組織が、何らかの原因で強く圧迫されたり、頚の骨の不安定性が続いたりすると神経の障害が発生します。
手がしびれて、お箸を使う、字を書く、ボタンを掛けることなどが困難になったり、足がつっぱって歩きにくくなったり、尿の回数が多くなったり、すぐに出にくくなったりなどの症状が発生します。
脊髄症は、自然経過での改善はあまり期待できません。脊髄は一度傷んでしまうと改善しにくい性質があり、脊髄症が原因で運動障害が出ているような場合は、できるだけ早期に治療を始める必要があります。
 

詳しくはこちら

 

頚椎椎間板ヘルニア

 
頚椎の椎間板が後方に突出して、脊髄または神経根を圧迫して脊髄麻痺あるいは神経根症を発生します。
手術用顕微鏡視下に前方除圧固定術を行います。早期離床を図るために、金属プレートを用いることもあります。 
 

後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)

 
椎骨と脊髄の間にあり頸椎を補強している靭帯組織のうち後縦靱帯が骨化して厚くなり、脊髄を圧迫する病気です。首の痛みだけでなく、進行すると手足のしびれなども現れてきます。骨化した靭帯は、脊柱管(せきちゅうかん)内で脊髄を徐々に圧迫し、麻痺症状を引き起こします。
主な症状は脊髄圧迫症状で、手足のしびれや痛み、手の細かい動作がやりにくいなどの症状が現れます。また、足が突っ張って歩きにくい、さらに頻尿や失禁、便秘などが現れることもあります。こういった脊髄症状は、徐々に悪化する場合がほとんどですが、転倒などの軽い外傷などがきっかけとなって、急激に悪化することもあります。
 

医療類似行為で危害にあったら

マッサージ、指圧、整体、カイロプラクティックなどの医業類似行為を受けて症状が悪化したら、被害にあったら消費者ホットライン「188(イヤヤ)」